歯科医師 女医

歯科医師の中での女医さん、つまり女性の歯科医師はどの程度いるかご存知ですか?

歯科医師は日本全国で10万人以上います。
そのうち、女性歯科医師は、約2.3万人、全体の22.5%です。

女性歯科医師で開業している方も多いたくさんいらっしゃいますが、男性の方が開業率は高く、女性歯科医師は男性に比べると、勤務医でいることが多いようです。

女性には、妊娠・出産という期間があることが多く、夫の協力を最大限得られたとしても、お子さんが大きくなるまでは、なかなか開業は難しいとのことです。ただ、女性で開業している歯科医師ももちろんいます。

患者から見た女医さん

患者からすると、女医さんは親しみやすかったり、優しそう、というイメージがあるようで、人気は高いと言えるでしょう。

普段はマスクをしていますが、歯科従事者は総じて歯が白くて綺麗なので、マスクを外した笑顔が、綺麗で安心感を与えたりもします。
(これは男性も同じですが…)

採用の観点から見た女医さん

歯科院長は、勤務してくれる歯科医師が女性でも男性でも変わらず、基本的には歯科医師としての腕(治療技術はもとより、診断の正確さ、患者さんとのコミュニケーション力など)を重視します。

院長として、女性、男性のどちらを採用したいか、というのは、一概には言えません。院長としての考え方や、好き嫌い、合う合わないなどにより大きく異なります。

採用において男女の違いとは?

・男性歯科医師は開業率が高く、女性歯科医師は開業率が低い。
なので女性歯科医師の方が「長く勤めてくれる」と思われやすい。(男性歯科医師は、そのうち開業する=辞める、と思われています)
・女性歯科医師は、妊娠・出産を経験する可能性が高く、その場合一時的に働けなくなる。
復職するときも、概ね時短勤務になるので、「常勤でないとうちの医院で勤務するのは難しい」と考える院長は、男性の開業と同じように、そのうち辞めてしまう、とらえているようです。
・(歯科院長は男性が多いので、男性院長だとすると)女性歯科医師を育てたりマネジメントするのが苦手な院長もいる。
男性同士の場合、多少キツイことを言っても大丈夫、オレについて来い!というスタンスの歯科院長もいます。そういう院長にとっては、女性歯科医師を叱ってもいいのか、叱ってはいけないとするとどう育てたらいいのか、などで悩むケースがあるようです。
・歯科医師以外のスタッフの中には、女性歯科医師が苦手な人も一定数いる
歯科医師以外のスタッフである、歯科衛生士、歯科助手、受付などは、ほとんどが女性であるため、歯科医院は圧倒的に女性の数が多い職場です。
特に女性同士は人間関係の問題が起きやすいようです。歯科医師と他のスタッフとは、資格やお給料という明確な分かりやすい差があることも、問題が起きやすい一因のようです。

女性歯科医師は有利?不利?

結論から言うと、有利でも不利でもありません。
女性であるが故のメリットもあれば、デメリットもある、という感じです。(どの職種でも同じですが)

一生歯科医師として働くのか、も含めて、自分の人生設計は、要所要所でしっかりと考えておくことが大事かと思います。

失敗しない!
歯科医師求人サイト ランキング

シカカラDr求人

特徴
  • 元歯科業界従事者多数
  • どこよりも求人情報が詳細
  • 利用者満足度95%
35歳 男性
歯科業界に詳しい担当者なので話がスムーズで理解をして頂くのが早かったです。 また求人案内も面接調整もスムーズにして頂けたので効率良く転職活動ができました。
無料登録はこちらから

デンタルジョブ

特徴
  • 求人案内から面接対策までサポート
  • 女性担当者多数
  • 非公開求人多数
38歳 女性
担当してくれた方が女性だったので話しやすかったです。 案内してくれた求人が何故私に合うのか説明をしてくれたので検討しやすかったです。
無料登録はこちらから

Guppy (グッピー)

特徴
  • 適正診断が可能
  • 求人件数が多い
  • 就活イベントも開催している
29歳 女性
特に職場を変える気はなかったのですが、適正診断を遊びにやった時に自分にはもっと良い条件の仕事があるのかなと思い活動しました。今では満足して働いています!
無料登録はこちらから
Copyright (C) 失敗しない!歯科医師の求人サイトのおすすめランキング. All Rights Reserved.