歯科医師 離島 僻地

最近、離島やへき地での医師の募集の話が取りざたされておりますが、歯科医師の状況はどうなっているのでしょうか?

離島・へき地に歯科医院はある?

へき地・離島にも歯科医院は存在します。
ただ、医科の診療所に比べると数は少なく、新たに歯科医師の求人なども行っているところもほとんどありません

医科の場合は、直接生死に関わりますし、普段飲む薬の処方もありますので、高齢になると頻繁に通うのが普通です。
一方、歯科医院の場合は、入れ歯(義歯)の調整などで通う方はいますが、大部分の高齢者が通っているというわけではありません。
むしろ、歯科医院は高齢者よりも若い人の方が、通っている率は高いのではないでしょうか。

日本は、8020運動などを通じて、高齢者で自分の歯が残っている割合が年々上がってはいますが、まだまだ「高齢者=歯が多くは残っていない、入れ歯」という状況が続いています。
自分の歯がほとんど残っている若い人の方が、歯科医院に通う理由があるのです。

離島やへき地は、都市圏に比べると、人口に占める高齢者の割合が高いので、必然的に歯科医院の数は多くなくても大丈夫なのです。

離島やへき地での新規開業はあるのか?

こちらも結論から言うと、ほとんどありません。
遠い昔に開業した歯科医院で、ずっと同じ院長先生がお一人で診療されている歯科医院があるか、町営・村営の歯科医院があるか、概ねどちらかとなっています。

離島やへき地は高齢化率が高く、仮に綺麗な歯科医院を新規開業したとしても、患者さんの数が見込めず、収益を上げられない=歯科医院を存続させられない、ということになってしまうからです。

人口も少ないが競争相手も少ない離島やへき地で開業するよりも、競争相手は多いが歯科医院の患者になり得る人口が多いところで開業した方が、工夫次第では大きく収益をあげられるので、やはり開業となると人口の多い都市圏が多くなります。
(開業する歯科医師の生活も、都市圏の方が便利ですし、スタッフも集めやすいのです)

離島やへき地で働きたい歯科医師はどうするか?

自分が生まれ育った離島やへき地で働きたい、と考える歯科医師がいた場合、どうすればよいのでしょうか。
これはなかなか難しいです。

前述の通り、離島やへき地にはそもそも歯科医院が少ないですし、現状維持ができているところは、院長先生がご病気で診療できなくなってしまった、などのアクシデントがない限り、積極的に歯科医師の求人を出すこともほとんどありません。

もし、どうしても離島やへき地での歯科診療を行いたい、と考えた場合は、その地域を所管する市区町村歯科医師会や町役場、村役場に働きかけてみてはいかがでしょうか。

歯科医師会は、町営、村営の歯科医院に関与していることもありますし、地域で開業している歯科医院とつながりがあるかもしれません。
役場は、実際に歯科医院の運営母体である場合があるので、情報をくれる可能性があります。

いずれにせよ、離島やへき地での勤務はとても稀なので、もしどうしても働きたい場合は、歯科医師個人が動いて、情報をとりにいくしか方法はありません。

失敗しない!
歯科医師求人サイト ランキング

シカカラDr求人

特徴
  • 元歯科業界従事者多数
  • どこよりも求人情報が詳細
  • 利用者満足度95%
35歳 男性
歯科業界に詳しい担当者なので話がスムーズで理解をして頂くのが早かったです。 また求人案内も面接調整もスムーズにして頂けたので効率良く転職活動ができました。
無料登録はこちらから

デンタルジョブ

特徴
  • 求人案内から面接対策までサポート
  • 女性担当者多数
  • 非公開求人多数
38歳 女性
担当してくれた方が女性だったので話しやすかったです。 案内してくれた求人が何故私に合うのか説明をしてくれたので検討しやすかったです。
無料登録はこちらから

Guppy (グッピー)

特徴
  • 適正診断が可能
  • 求人件数が多い
  • 就活イベントも開催している
29歳 女性
特に職場を変える気はなかったのですが、適正診断を遊びにやった時に自分にはもっと良い条件の仕事があるのかなと思い活動しました。今では満足して働いています!
無料登録はこちらから
Copyright (C) 失敗しない!歯科医師の求人サイトのおすすめランキング. All Rights Reserved.